知って得するリフォームローンの金利の安い銀行とは?いくらお得になるの?

ご存知の事とは思いますがリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保のあるなしでも金利は変化し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%となっています。

金利タイプを大きく分けると2種類あり固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

金利の安いリフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、金融機関に返金しなければいけないなんてことはあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが過剰請求したのではないかと不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローン金利比較は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

引用:http://www.freedomisavoice.com/

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など自宅で申し込めるローンが増えています。

金利の安いリフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

住宅ローンよりも金利の安いリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探す必要があるのです。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は金利の引き下げが受けられることです。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は素人では難しいのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。

リフォームローンの金利というものは金融機関によって異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

2種類の金利体系があり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

金利の安いリフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

その上、貸付金利タイプでも差があって変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除があります。

申告を行う事で当年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、リフォームをする上でかなり重要ですよね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円になります。

しかし、金利の安いリフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

対象となる工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超えないと適用されません。

申請する側についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは業者によって様々です。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人や担保、保証料などは一切不要というメリットが大きいです。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

金利の安いリフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。